2017年8月26日土曜日

一昔前に大テーマは出揃っていた



静かな一日であった
もう夜の9時には暗くなってきた
秋に一気に向かっているようだ

箱に収まっていた古いノートを見る
こちらに来る前に、自分の中にある大きなテーマのようなものは出ていたことが分かる
それはこちらに来て一旦忘れてしまっていたが、無意識のうちに追っていたのだろう
そして、この10年でその意味がより明確になってきたものがある
それは、この間に流れた時間が無駄ではなかったことを教えてくれる
静かだが深い悦びに繋がっている

夜、これまで眠っていたファイルに手を加える





0 件のコメント:

コメントを投稿