lundi 10 avril 2017

吹き出る緑



今朝、事務的な用事があり街に出る
緑が至るところに吹き出し、しかも瑞々しい色をしている
植物の持つ生命力に改めて目を見張る
写真の木などもこんな葉を出すことを初めて知った
歩いた道も初めてだったので、異空間での時間が非常に長く感じられた

この町に来てから事務手続きに手間取ったことがないが、今日も例外ではなかった
午後の用事も順調に進んだ
これも町の印象をよくしている原因である

昼間は論文を読みながら、新しい論点を探していた
夜はいつものプロジェに当たる


大統領選関連

第1回投票まで2週間を切った
今日は気分が良かったので町でル・モンドを買い、少し眺める
久し振りのことだ
そこからの抜粋を少しだけ

フィヨンは世論調査は認めた上で、それでも最後は自分が決選投票に行くと強気だ
金曜にサルコジとアラン・ジュペの支持を得た
中道、保守の票を固めることができるのではないかと期待している
また、テロやアメリカのシリヤ攻撃という状況の中、経験ある政治家が求められるとの見方もある
ただ、正直と誠実が大統領に最も重要な要素であるとされており、かなり厳しいとも言われている

メランションは昨日のマルセイユの大会にオリーブの枝を胸ポケットに入れて登場
平和の候補をイメージしたようだ
日々力強さを増している
アモンが決選投票に行けなければ、ル・ペンに対する候補として選ぶのはメランションだと公言
それが第1回投票に影響するのかどうか

予想が難しい選挙のようである







Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire