lundi 26 septembre 2016

顔見世のセミナー終わる

(右から) Nicolas Ballon、Maël Lemoine、Catherine Belzung、
Vincent Camus、Alexandre Surget、Boriana Atanasovaの各先生


今朝、顔見世のセミナーのために Sciences et Techniques まで出掛ける
今回も最後までやる気にならず、結局昨日の夜から朝にかけてということになってしまった
いつまで経ってもこの癖は直らないようだ
ただ、この本質をテーズの過程で学んだため、耐えることができるようになっている
つまり、最後の瞬間まで「思考」していて、最後の最後に「表現」に向かっているということである
嫌な感じはいつも付いて回るが、比較的心穏やかにその中にいることができるようになってきた

大学はトゥールの町に散らばってある
今朝は森の中にあるコンプレックスでの会であった
INSERMのユニテの中にある一つのチームの拠点で、わたしを迎え入れてくれたところになる
ルモワン博士と待ち合わせた後、チームのヘッドをされているベルツング教授と挨拶を交わす
メンバー数名は講義や病気で欠席とのことだったので、大体10名くらいのチームになるのだろうか
写真に写っている方は、精神科医、神経生物学者などの科学者である

30分を与えられていたので、テーズの纏めを簡単にやった後、今後の方向性を話した
いつまで経っても初心者のフランス語に辛抱していただいた
こちらの希望はQ&A、より正確にはC&A(critiques & answers)の時間を取ることだった
しかし、なにぶん30分、C&Aセッションは時を改めて、ということになった
初めてではあったが、ベルツング教授を始めとして、皆さんacceuillantという印象を持った
勘違いでなければよいのだが、、、
主観的には、気持ちよく研究生活をスタートできそうな感触とともに大学を後にした


実は、今回のためにほぼ1年ぶりにテーズを読み直してみた
自分では全く満足できなかったため、これまで再び読むのが嫌だったのである
読んでみると、確かにこれでは駄目だというところはある
こんなことも書いていたのかというところもある
久し振りなので、すぐに引き出せる記憶として残っていなかったのだろう
勿論、一旦読むと記憶が蘇り、補強される
改めて、自分の書くものを評価することが如何に難しいかが分かる
そして、これを基にさらにエラボレートしなければならないということも分かった





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire