mardi 22 mars 2016

小さな変化も見逃さず



「いまに集中」という生活をしてきた
だからと言って、ある問題を「いま」解決しなければならないというものでもない
そう気付いたのはフランスに行ってから、すなわち仕事が終わってからであった
ある時間の広がりの中でその問題を解決すればよいという随分とゆったりした気分になって来た
数日のうちに、一週間のうちに、時にはひと月の間にけりが付けばよいという感じになっている

「いま」がこれから来る未来というより大きな全体の中に埋め込まれている
そう本当に思えてくると、慌てることがなくなる
精神の安定が得られ、ストレスも消えていく

小さなことだが、この変容は良いことだと思いたい
必ずしも進歩ではないかもしれないが、進化だと思いたい
サルトルではないが、小さな変化も見逃さずに観察し、記録し、分類することが重要になるのだろう





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire