jeudi 18 février 2016

学生としての生活を思い返す



改めて学生時代を思い返す

学生としては全く感心しない生活を送っていたことが見えてくる
指導教授がよく放っておいてくれたものだと改めて感心する
わたしの立場が逆であれば、と想像すると、それが良く分かる

元々のアイディアは、自分の持てるすべての時間を使って考えてみたいというものであった
その点では、理想的な過ごし方をしたとも言える
今の時点で振り返ると、良くもあれほど羽ばたくことができたものだと感心する
これからやり直してみよ、と言われてもとてもできるものではない
そこには貴重な原体験が詰まっている
それは、これからどのようにでも解釈できる、時とともに意味が変わってくるだろう体験である

このように見ると、総じて言えば、良い経験をしたと言えそうだ
ただ、学生としての時間が余りにも少なかったように見える
その部分を充実させるのが、これからの時間ではないのか
これはスートゥナンス翌日の感慨に近いものがある

そんな思いが湧いている冬の朝である





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire