2018年5月20日日曜日

久しぶりの日本、そしていくつかの発見



ほぼ半年ぶりに日本に戻ってきた
フランスが奥まった書斎だとすると、日本は現実がすぐそこにある台所や居間になるだろう
この感覚は現在に至るまで変わらない

現在も翻訳の仕事に当たっており、最後になる三校のゲラを読んでいる
まだ修正を必要とするところが見つかる
ただ、今回は全体を頭に入れて読み直すことができるようになっている
そのため、この読みの後には修正点は最小限になるのではないかという予感はある
勿論、今のわたしのレベルにおいては、という限定付きではあるのだが、、

この間、気分転換にテレビをつけることがあった
それはいつも偶然に導かれたものになるが、少なからぬ発見がある
日本人のどこかにヨーロッパに対するあこがれがあるのだろうか
今回も美しいヨーロッパの情報が少なくないことに驚く

その中に直接関係するものがあった
今日のお昼に放送された「辻井伸行×パリ ~ショパンが舞い降りた夜~
テレビをつけた時、どこかで見たような人が出ている
ピアノの修復や調律を専門にされているフィリップ・ジョリーさんだ
彼の工房にある古いピアノで辻井さんが演奏をしているところだった
6年ほど前にこの工房を訪問したことがあり、当時を思い出しながら懐かしく観た

左岸のピアノ工房で現代を語る(2012.2.17)

そして、今朝の日曜美術館
そうとは知らずにつけた時には終わりに近づいていた
今日は不染鉄(1891-1976)という画家が取り上げられていた
勿論、初めての方で、第一印象は囚われのない絵を描く方というもの

変わった経歴の持ち主で若い時に漁師をしていたこともある
その時の経験が関係あるのかどうか分からないが、海の絵の中に興味深いことを書いていた
正確なことは忘れたが、次のようなところでオヤッと思ったのだ
海に沈んでいる魚と一緒に暮らす
真実とは何か、幸せとは何か、人生とは何かを考えよ
そして時に陸に上がり、いろいろなものを食べ、そして再び海の底に沈んでいく
これはわたしの生活環と同じではないか思い、目を見張ったのだ
ウィキにあった彼の信条も今ではよく分かるようになっている
「芸術はすべて心である。芸術修行とは心をみがく事である」
「いヽ人になりたい」
「いヽ人」とはパスカルの「オネットム」に当たるのだろうか
もう少し正確な言葉を知りたくなり、画集などを注文した








2018年5月16日水曜日

「免疫学と感染症に関する日仏セミナー」のお知らせ



サイファイ研究所ISHEは、今年で創立五周年を迎えます
これまでの皆様のご支援に感謝いたします
今後とも当研究所の活動へのご理解をよろしくお願いいたします

来月中旬に元パスツール研究所所長でコレージュ・ド・フランス名誉教授のフィリップ・クリルスキー博士著『免疫の科学論――偶然性と複雑性のゲーム』(拙訳)がみすず書房から刊行される予定です

この機会に日本パスツール財団がオーガナイザーとなり、クリルスキー教授の講演会と日仏科学交流の会を以下の要領で開催することになりました

サイファイ研究所ISHEも会の開催に協力しております

興味をお持ちの方の参加をお待ちしております

当日、みすず書房による本書の展示と割引価格による予約受付があると伺っております
生体防御や生命について考える際の一助として、本書を手に取っていただければ幸いです




-----------------------------------------------

日時:2018年6月23日(土)14:00~17:50

場所:京都アカデミアフォーラム in 丸の内(新丸の内ビル10階)

使用言語:英語と日本語(同時通訳付き)

セミナー参加費:無料(先着申込順100名)
懇親会参加費:5,000円(60名)

申込方法:こちらの申込用紙に記入後、日本パスツール財団事務局までメール(jimukyoku@pasteur.jp)あるいはファックス(03-6228-5365)でお送りいただければ幸いです。

-----------------------------------------------

プログラム概略:

14:00~14:10  開会挨拶
14:10~15:50 パスツール国際合同研究ユニット発表

16:10~17:00 フィリップ・クリルスキー教授講演
17:00~17:10 質疑応答
17:10~17:40 パネルディスカッション
17:40~17:50 閉会挨拶

18:00~20:00 懇親会

-----------------------------------------------

会の案内とプログラム詳細
ポスター

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。





2018年5月13日日曜日

二度目のデジャヴュ



昨日のこと、二度目のデジャヴュに遭遇した
現在翻訳している本の著者フィリップ・クリルスキーさんの日本語情報が欲しくなり検索した
そうすると、最初の方はわたしがこれまでに書いたものばかりで驚く
つまり、わたしにとっての新しい情報はなかったのである

このような経験をしたのは、これまでに2度ある
一人はピエール・アドーさんで、もう一人はマルセル・コンシュさん
最初は本当に驚いたが、今回の驚きは同じことが3回もあったということだろうか

出版社によれば、クリルスキーさんの邦訳は今回が初めてだという
アマゾンに行ってアドーさんとコンシュさんの本を検索したが出てこない
邦訳されていないようである
どうもそういう人と縁があるようである






2018年5月12日土曜日

見方を変える時に哲学が果たす役割とは



昨日は申し分ない快晴だった
午後から旧市街で、医学雑誌の記事のタイトルを眺める
その中に Redefining medicineというエディトリアルがあった
Re- が付くと、哲学的な営みが含まれるという思い込みがある
私のフォルミュール「考える(think)とは、考え直す(rethink)ことである」の影響だろう

このエディトリアルには、医学というものを広い視点から捉え直そうとする姿勢があった
求められるものが変わってくるので、解析の仕方、まとめ方に変化が出てくる可能性がある
時代の流れに合わせて、見る枠組みを変えるということは重要である
そこに哲学が果たす役割があるはずだ
それがあるとないとでは、枠組みの新鮮さに大きな違いが出るような気がする
勿論、科学雑誌なので哲学的な処理ということではないのだが、、

ただ、一つだけ気になったことがあった
それは、健康とは何なのかを考えていかなければならないとしていたことである
これは哲学的な問いとして考えられてきたものでもある
検査値が正常の範囲内なので健康というような機械的な対応ではない何かが求められたのだ
しかし、医学に反映されるような解は出されなかったのではないだろうか
この問題に対して科学も考えていきましょうということなのか
今後の展開を追ってみたい

哲学と科学の歴史を見ると、問題が科学で解析ができるようになると哲学から離れていく
つまり、哲学は必然的に科学では処理しきれない問題を扱うことになる
そこで、哲学を科学的にするということはどういうことなのか
哲学の原点に返ることも重要なのではないだろうか

この問題は本日のタイトルと併せて大きな問題になる
これからも考えてみたい





2018年5月10日木曜日

パリでの歓談、最近の話題と繋がる



昨日は懐かしい場所も含めて、メトロとバスでパリ市内を移動
予想通りには進まなかったが、まずまずだったのではないだろうか
カルチエ・ラタンのあたりは、やはり濃密な空気が流れている
他ではなかなか感じられない
ぶらぶらしながらギャラリーを梯子をする
これまた乙なものである

夕方は、こちらで研究をされている方との歓談となった
活発に研究されている様子が伝わってきた
また、拙エッセイにも目を通していただいているとのことで恐縮する
自分の生活に取り入れるような読み方をされているという印象を持った
数日前に触れた哲学書のことや最新のエッセイで触れた「対話」のことが思い出された
これは非常に重要なことだということが身に沁みて「理解」できるようになっている
益々のご活躍を期待したいものである

トゥールに戻るとこれまでの景色が少し違って見えた
旅から戻った時にはいつも感じることである
出発の時と異なり、気持ちよい祝日の空が広がっていた






2018年5月9日水曜日

時間を異常に長く感じる



昨日はヨーロッパ戦勝記念日
忘れていた
一点の曇りもない快晴で、朝からのんびりした
向かいのアパルトマンを見るとバルコンに出て、ヴァカンスの雰囲気
こちらにも感染してくる

午後から用事があり旧市街へ
祝日は午後から開いているところだった
そのついでに、いつものカフェで数時間仕事をしてきた
まずまずだったのではないだろうか

今日は一転曇り
朝から用事があり、パリに向かう車中だ
実はトゥールから乗り継ぎのサン・ピエール・デ・コール行きがキャンセルになったという
こういうことは稀ではないので慌てない
仕方なく、タクシーでその駅まで向かった
ただ、少し時間を気にしている素振りがあったのか、ドライバーがこう言ってきた
 「お客さん、ZENで行きましょう。ZENで」
わたしはこう答えた
 「それはわたしの専門だったはずなんですが、、」
これは意外に受けたようだ


ところでこのところ、特に今週に入り、一日が異常に長く感じられるようになっている
昨日の朝、まだ週の一日が終わったばかりなのに、もう週末のような気分でいた
時の流れをしっかり掴んでいるということなのか、時間が消えているのか
あるいは、単なる経年変化なのか
いずれにせよ、それは良い感じなのである





2018年5月8日火曜日

ロビン・ジョージ・コリングウッドによる哲学



先日、ある人の本を読んでいたら、イギリスの哲学者R・G・コリングウッドが出てきた
普段、イギリスの哲学者は視界から消えているが、手元に1冊あったので読んでみた

An Essay on Philosophic Method である

最後にあった「文学としての哲学」をパラパラと
R・ローティの「哲学とは哲学書に基づく文学である」という言葉を思い出したからだ

普段読んでいる文章、思考法と異なっているが、興味深い対比がいくつか出てきた
詩と散文、哲学と歴史、科学と哲学など
記憶に残っているところをメモしておきたい
一度自分の脳を通過しているので、少し修飾されているかもしれない


哲学には詩の要素もあるが、基本的には散文である
詩は言葉や言葉の並びの美しさを競う
一方の哲学はそういう美も求めるが、それが目的ではなく、あくまでも手段である
目的は思考をどれだけ明確に表現できるかで、真理の探究を目指している
同じ理由から、詩にとってのメタファーはそのものとして効果や意味を持ってくる
しかし、哲学では使うことはあっても手段であり、多用は厳禁である

歴史家は自分が知っている中から確実なものを選び、読者に諭すようなところがある
したがって、読者が歴史家に親近感を持つことは少ない
哲学者はその反対で、まず自分自身に向かって書く
告白の要素があるのだ
確実なものを選ぶのではなく、よく分からない曖昧なことも取り上げて書く
それらをよりよく理解しようとしているからだ
哲学者は難題に向き合うのに対して、歴史家はそれを隠す傾向がある

歴史書の読者は、歴史家に相談する
哲学書の読者は、哲学者の後を追うのだ
哲学者の体験を追体験して、自分もそのことを考える
そこに読者と哲学者との間に親近感が生まれる素地がある
つまり、歴史家には思考の結果を求めるのに対して、哲学者には思考そのものを求めるのだ
したがって、哲学者が抱えている問題意識と重なるものがないとその著作は意味を持たない
あの哲学者は何を言っているのか分からないなどと言っているのは、読者の責任になる
読む本を間違えているのである

科学は専門用語を多用する
ほとんど術語だらけで、それなしには科学は成り立たない
新しいことが見つかる度に、新しい術語が造られる
実は術語は言葉でなく、記号なのである
術語を普通の言葉で説明することは困難を極めることが多い
そのものとして知っていなければならないのだ
科学が一般の人に理解されないのは、当たり前と言ってもよいだろう

哲学は専門用語を殆ど使わない
科学のような、融通が利かない、それ故そのものだけを指すことができる専門用語は
使ったとしても、それは別の普通の言葉で説明することができる
第一、哲学に全く新しいことなど殆ど出てこない
既に少しは分かっているようなことに新しい意味が加わることはあっても
哲学が使う言葉にはいろいろな意味が内包され、柔軟性がある
つまり、科学書が技術書であるとすれば、哲学書は文学書ということになる
哲学は科学の言葉(=記号)を避けなければならないのだ







2018年5月7日月曜日

もう完全なヴァカンス、そして精神を支えているのは肉体



昨日も素晴らしかったが、本日も雲一つない快晴だ
午前中仕事した後、午後から街に出た
もう完全なヴァカンスの雰囲気である
木漏れ日の歩道など、ほとんど天国だ

先週の今週なので、何もやる気が出てこない
この雰囲気を楽しむだけだ
そんな中、比較的良い時間を持つことができた

ところで昨日、帰りに丁度バスが来たので、こちらに来て初めて走ってみた
しかし、体のコーディネーションが全く駄目で、驚く
考えてみれば、精神の中に生きているのだから、それは必然と言えるだろう
ただ、精神を支えているのは肉体であることも忘れないようにしたいものである







2018年5月5日土曜日

アーリング・カッゲを発見



昨日、今日と文句のない快晴である
デモか何かがあるようで、バスが間引き運転をしている
久しぶりに街まで歩いて出る

新しいル・ポワンで新しい人を発見した
勿論、知る人ぞ知る人なのだろうが、、それは関係がない
それを言い出すと、この世界には発見がなくなってしまうからだ

アーリング・カッゲ(Erling Kagge, 1963-)というノルウェー人の本が仏訳されたという
1990年代、南極点、北極点、エベレスト山頂の三極点を単独で極めたという人物だ
弁護士で、自ら立ち上げた出版社はノルウェーで最も成功しているらしい
また、ケンブリッジ大学で哲学の聴講もしていたようだ

これらの探検を通して、絶対的な静寂・沈黙を経験したのだろう
騒音に溢れた現代における静寂・沈黙の意味を考え、発表している
それと時間
忙しい現代では時間がない、となりがちだ
ソローが言ったように「ゆっくり流れる一瞬一瞬の中にある永遠」を見つけること
自由人は時間を持っているので、それができそうである 
時間の大切さも説いているようだ

今のわたしにはいずれもよく分かるお話である




2018年5月4日金曜日

自分を借りているという感覚



この1週間、朝から晩まで籠ってゲラを読んでいた
そうしないと時間までに終わらなかったからだ
途中から、血が頭に上ったような状態になった
全身の血液が頭に集まり、脈打つという感覚である
その地点から見ると、普段は完全なアイドリング状態だということが分かる
いずれにしても、予定通り二校のゲラの突き合わせが終わり、日本に送ることができた
まだ関連の仕事は残っているが、一段落の小休止としたい

自己には少なくとも二つの自己があることには以前から気付いていた
それが自分だと思っている自己1とそれが見ているもう一つの自己2
自己1と自己2の距離は、孤独の中に入ったり、瞑想を繰り返す中でどんどん離れてくる
自分をよく見ることができるようになるという感覚である
1と2が相互に問いかけ、答えるという対話も始まる
おそらく、それが思考空間を形作っているのだろう
そのためか、精神も安定してくる

今回、このようなことを感じながら作業をしていた
そこから次のような感覚が生まれてきた
それを自分がやっているのではなく、その体を借りて(使って)いるという感覚である
これはデジャヴュである

それが何かと思い、記憶を手繰っていたら思い出した
自分が前に歩いているのではなく、風景が通り過ぎていくという感覚である
そのため、こちらに来てから歩くことが苦にならなくなった
いずれにせよ、この感覚を得ることができるとストレスがなくなってくることに気付く
何しろ、自分がやっているのではないのだから

これは自己2が体から離脱した状態なのだろうか
ここで言う体は肉体と精神を含んでいるので、所謂心身二元論でもなさそうだ
自己2が自分の肉体と精神を支配しているということなのだろうか
この感覚は、沈黙の中での生活が齎してくれた可能性が高い

こういう感覚を維持できれば相当のことができそうなのだが、、
昨秋、日本に帰った時の日々の密度が今週のそれに近いかもしれない
あの時も全く気にならなかった
ただ、アイドリング好きな人間にとっては、それを日常的にやるのは大変そうだ







2018年4月30日月曜日

今週は校正ゲラの見直し



本日は冷たい雨交じりの寒い一日
編集者と校正者が目を通した二校ゲラが届いた
金曜朝には終わらせなければならないので、今週はこれに掛かりっきりになりそうだ
三校もあるが、大きく手を加えることができるのは今回が最後になる





2018年4月29日日曜日

概念なしに世界を観る、そして恩師亡くなる



こちらでの時間の中で、気付かないうちにいろいろな概念が頭に入ってきた
いろいろな現象や自らの経験を振り返る時、それらの概念を持ち出して考えることがある
これも無意識のうちに行われているが、以前より分かった気分になることが多い
自分では理解が深まったと思うようになっている

以前は体験したことを概念なしに振り返っていたのではないだろうか
その方が現実を生の形で捉まえることができそうな気もする
現実は常に動いている
それを固定した概念で捉えることができるのかという疑問は古くから出されている

新しい現実を見るためには、分からないものに対するという姿勢が必要ではないか
一度概念を捨てて
生の現実を目の前にして、それを新たに捉え直すという姿勢が


ところで、先ほど悲報が入った
こちらでマスターの指導をしていただいた教授が亡くなったという
私の気分は学生だったので未だに年上の先生という感じだが、実は私よりもお若かった
私が指導教授を探していた時、唯一人返事を送ってくれた方である
しかも私にとっては劇的な形で

  パリからの連絡(2007.4.2)

もし私を受け入れるという判断をされていなければ、その後の道は大きく変わっただろう
その意味では運命の分岐点にいた方になる
感謝とともに謹んでご冥福をお祈りしたい







2018年4月28日土曜日

「良心なき科学は魂の荒廃に過ぎない」フランソワ・ラブレー

    François Rabelais (1483?-1553)


いつも通っているトラムの駅の待合いの壁にこの言葉があるのを見つける
各駅にいろいろな言葉が書かれてある
今日は精神が澄んでいたせいか、読み取ることができた
原文は以下のようになっており、『パンタグリュエル』からの引用のようだ

“ Science sans conscience n'est que ruine de l'âme ”

このフォルミュールが意味するところは、様々な人が様々な形で言っていることと思う
現代の科学倫理の核になる思想がこの中にある
ここで言う「科学」をそれぞれの専門(仕事)と置き換えると自らにも返ってくるだろう
わたしの言い方であれば、「第三層なき意識は人間の荒廃を生み出す」となるだろう
いま、それが極まっているのではないだろうか





2018年4月27日金曜日

最初の感激を思い出す

  Bishop George Berkeley (1685-1753)
  by John Smybert (1688-1751)


今朝、こちらに来た当初の感激を思い出す
講義などでその昔聞いたことがある名前が飛び出す
記憶を刺激されることの快感を覚える
それから名前だけだった人が書いたものを読む
そういうことだったのかという納得が続く
ただそれだけだが、 その時何とも言えない悦びと満足感が訪れたのだった

過去の記憶を呼び起こし、それに肉付けをすることがこちらでやりたいことだったのか
いまはそれが当たり前のことになっているので感激の度合いが薄れていた
ジョージ・バークリーのエッセイを目にしながら最初の感激を思い出した明るい朝


今日も午後から曇りになり、風が強くなった
その中を外に出かける
想像以上に良い時間となった






2018年4月26日木曜日

森林浴は体に良い?



本日の午前中はほぼ完璧の空
飛行機雲も申し分なく現れてくれた
旧市街のカフェに出かける
今日も症状は出ない・・・・不思議だ
プロジェが若干前に進んだ
本当に少しずつだが前に行っているのは嬉しい

午後からは曇天に
戻って事務的なことをやる
単に終わらせるためではなく、どんなに小さなことでも味わいながらやっている
こちらに来てからの大きな変化だろう

新しいル・ポワンには、日本にいる中国人医師李博士の森林浴に関する本の紹介があった
  Shinrin Yoku - L'art et la science du bain de forêt - Comment la forêt nous soigne
森林浴は sylvothérapie(bain de forêt)と言うらしい
日本にはそのための場所が60か所以上あるらしい
代表例として挙げられていたのは、屋久島と長野の赤沢
一度は行ってみたいものである






2018年4月25日水曜日

植物園も捨て難い



今日は曇りだが、穏やかである
午前中、植物園を散策
久しぶりである
中にあるカフェに落ち着き、一仕事する
アパルトマンに留まっているとなぜかそれができない

ご老人がゆっくり歩いていたり、幼稚園児が見学していたり、高校生がランニングしている
また、いろいろな動物がいろいろな動きをしている
これらすべてが音楽のようで楽しい
この場所ももっと利用すべきではないかという気になってきた

午後からはいつものカフェに出かけることにしたい





2018年4月24日火曜日

Cathexis とは



今日も良い天気である
用事があり、午前中から外出
心配したが、今までのような症状が出ない
一体どうしたのだろうか
行きのトラムで変化に気づく

ところで、駅のカフェが意外に集中できることを発見
これからも織り交ぜていきたい
そこで仕事をしている時、先日バスでお会いした哲学科長が入ってきた
どうも不思議なご縁があるようだ


昨日、cathexisという言葉に出会った
フロイトの精神分析に関係しているらしい
元の言葉はBesetzungで、占領(軍による)や充填(充電など)の意味があるらしい
辞書には、心的、精神的エネルギーをある対象(人、物、イデア)に集中することとある
acathexis、anticathexis、countercathexis、decathexis、hypercathexisなども見える
日本語でカテクシス、カセクシスという言葉は見つかったが、情報は少ない
入り込むと大変なことになりそうなので、いずれのための取っておきたい

今日は呪術にでもかかったかのように全く症状が出ない
嬉しくなり、二軒目でさらにプロジェに当たる
予定通り終わる
こういうことはなかなかない





2018年4月22日日曜日

固有なものは繋げることで

         Place Plumereau


昨日も27-8℃はあったかもしれない
暑い日であった
午後から旧市街へ
中心部のプリュムロー広場は人で一杯
そこを通り越していつものカフェへ

最近取り上げたテーマに関連したことが、すでに半世紀前に論じられていたことを見つける
こういうことは日常茶飯事で、驚かない
当然のことであることを知ったからである
そこでの議論を読んでみたが、視点は殆ど同じであった

当研究所ISHEの最後のミッションとして「自己の変容」ということを掲げている
その前に自然と人間存在の理解というのが付いている
自己の変容ということに関してもいろいろな人がいろいろな形で言っているものと思われる
今日その一つに出会ったが、すでに言われていることを知っても残念だとは思わない

自分の考えは過去の遺産をもとに無意識のうちに作られている可能性があるからだ
プラトン流に言えば、それは我々の脳の中に最初から詰まっている
それを思い出しているに過ぎないのかもしれない
たとえそうであったとしても、それを自分が発(見)するところに意味がある
さらに言えば、これは以前のエッセイでも触れたが、それを繋げていくことが重要になる
その繋がりの全体が見えた時、それはその人に固有なものになっているかもしれないからだ
そこにその人間の創造性が現れていると信じたい






2018年4月21日土曜日

マニュエル・ヴァルスさん、バルセロナ市長を検討中?

      Manuel Valls


昨日も午後から外に出たが、やはり26℃
夏到来である
カフェが開放されているので鼻水止まらず

オランド大統領の時の首相だったマニュエル・ヴァルスさんのニュースが目に止まる
アレッと思ったからだ
彼がシウダダノスの候補として、バルセロナ市長に出ることを考慮中というのだ
バルセロナは独立派が追い出された後も町は分断されているらしい
どうしてなのかと思ったが、元々彼はバルセロナ出身だったのである
20歳の時にフランス国籍を得ている
大統領選は追っていたが、その前に脱落していたので注意が行っていなかった
彼はスペインの統一、EUの維持を主張している

まだまだ庵の中の生活のようだ
これから少しずつ出ることができるだろうか
もうそれほど気にしていないようにも見えるのだが、、






2018年4月20日金曜日

久しぶりの大発見

        Odile Jacob


このところの精神状態は、日本にいる時に近づいているようである
先日、雑誌の購読が安くなるという案内が入り、発作的に Le Point と Time を注文した
定期的に雑誌を読もうなどという気になったこともそれを裏付けているのだろうか
そして、Le Point が届き、10年ぶりに昔の様式で雑誌を手に取り、大発見をした
一体、何年フランスにいるのだろうか、という感じである
勿論、知っている人にとってはどうということではないだろう

今、翻訳の仕事をしている
その本はオディル・ジャコブという出版社から出ている免疫に関するものである
これまで、この出版社は昔からの伝統あるところだと思っていた
今回、1986年にオディル・ジャコブという人が立ち上げたものであることを知った
さらに、彼女は科学(神経科学、認知科学)のトレーニングを受けているという
ハーバードから帰って、科学から出版業に移ったようだ
それでもまだピンと来ていなかったが、ウィキに行ってそうだったのかという気持ちになる
彼女はフランソワ・ジャコブさんの娘だったのである
ブログやエッセイでも取り上げたことがあり、フランスの科学界では崇められている方である

不思議なつながりが見えた昨日の午後
快晴の下、外に出たがもう夏模様
26℃
ただ、少々辛いものがあった